よくある質問と回答5

March 22, 2018

 

質問

Japanese Needle Therapy=日本式の鍼というのは、細い鍼とか鍼管を使うということですか?

 

 

回答

海外に出てみるとわかるかと思いますが、日本の鍼(灸)=acupuncture practiced in Japan は、海外で普通acupunctureと言われる中医学TCMの鍼と違って多様性があります。

 

そんな多様性のある日本の鍼ですが、アメリカやヨーロッパ、オーストラリアでJapanese acupunctureといえば、Meridian Therapy 経絡治療を指すことが多いです。

 

あるいは、日本の鍼灸学校・学部を卒業した Acupuncturistや日本で施術している外国人鍼灸師が行なっている鍼治療が、Japanese acupuncture。

 

「細い鍼、鍼管を使う鍼術」というのはこちらではもう普通のことで、日本の鍼灸と見なされません。

実際の鍼(中医学)コースでは、あたかも中国が起源というかのように(日本発祥とは言わず)、しら〜っと鍼管付きのディスポ鍼が使われていますし、1番以下の細い鍼も中国系小売店で手に入ります。

 

日本の鍼灸というのは世界的にみて範囲が広すぎるんです。

 

その広い範囲からいくつか日本的な部分を、Japanese Needle Therapyに取り入れています。

 

具体的には、経絡治療ベースで触診に重きを置き、接触鍼などを使って皮膚への鍼で、中医学の鍼と重なる部分(例えば診断法や刺鍼法など)や3ミリ以上刺入する施術は含んでいません。

 

ちなみに、オーストラリアで規制されているのは職業名で、鍼Needleと名付けられた鍼道具での施術やDry Needlingなどの毫鍼を使って鍼を深く打つ施術は規制されていませんので、acupunturist以外も施術しています。

 

※日本のように「はり師免許(登録)があるものだけが鍼を施術して良い(それ以外はダメ)」という規制ではありません。

 

このプロ団体認定コースの意味は、

 

多様性のある日本の鍼術を統合して、よくある慢性症状を1、2回の治療で確実に改善に導き、再発しにくくする診断法と鍼術を学ぶ

 

コース修了後にプロ団体に加入できる

 

損害賠償保険にも加入できる

 

結果的に、もぐりでなくプロとして自分にもクライアントにも安全で効果的な日本の鍼施術ができる

 

ということです。

 

※AHPRA登録なしでChinese medicine practitioner, Acupuncturist, Oriental medicine practitionerなどを名乗ること、装うことは規制されていますのでご注意ください。

 

 

Please reload

Featured Posts

4月開講 メルボルン英語+看護・医療プログラム入学までのプロセス(早期申込特典あり)

December 29, 2018

1/1
Please reload

Recent Posts

April 12, 2018

April 4, 2018

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
 

0413911142

Suite 304, The Block Arcade, 282 Collins St, Melbourne 3000

©2018 by A happier medium Pty Limited. Proudly created with Wix.com