Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

オーストラリア鍼灸事情 2018

以前も私のfacebookかどこかで紹介したことがあるのですが、、、

オーストラリアの鍼灸事情。

知りたい方が多いと思います。

acupunctureについては下記の論文によくまとまっています。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2213422014000420

2014年7月に公開されています。

オーストラリアの鍼術は中医学に基づき(中国系中医師が中医師の大多数)、中医薬の資格も取得して同時に実践している中医師が多いです。

灸については、鍼とセットではありません。

オーストラリアではシアツセラピスト(あえてカタカナなのは意味があり、日本の指圧とは別物)が灸(棒タイプ)の使い方を学び、シアツと同時に施術することが多いです。

透熱灸や知熱灸を学び、鍼師やシアツセラピストに指導するオーストラリア人講師(鍼師)がいます。

一般的にオーストラリアで鍼師が灸を使うとしたら、acupunctureの時に灸頭鍼で使ったり、ホームセラピーとして患者に棒灸(中国製の煙モクモク製品)を勧めたりします。

ここでは「オーストラリア」と言い切って書いていますが、オーストラリアには5つの州と2つ(以上)の準州があります。地域によって文化や風習が違い、学べる資格や大学のレベル、一般の人の鍼の受入度が違ってきます。

上記の論文にある、州ごとの統計を見てみてください。

ちなみにオーストラリアには大学の数自体、日本に比べるとめちゃくちゃ少ないですが、鍼を学べるコース(学部)はさらに少ないです。

 

0413911142

Suite 304, The Block Arcade, 282 Collins St, Melbourne 3000

  • Facebook

©2018 by A happier medium Pty Limited. Proudly created with Wix.com